岩本康志のブログ

経済,財政の話題を折に触れて取り上げます。

Yahoo! ブログから引っ越しました。

【日本経済学会会員の皆様】「COVID-19に関する文献の情報提供」について

 1月12日付の会員の皆様へのお知らせで、COVID-19に関する文献の情報提供をお願いいたしましたが、早速、多数の情報提供をいただきまして、ありがとうございました。情報は随時受け付けていますが、2月7日(日)までに寄せられた情報を取り入れた文献リストの更新版を、2月中旬に「新型コロナウイルス感染症に関する研究」サイトにて公開する予定です。
 先日、報告申込が締め切られた今年度春季大会の応募論文も、所属機関のディスカッションペーパーやプレプリントサーバーに登録されて、一般にアクセスできる状態でしたら、リストの候補となりますので、ぜひ情報をご提供ください。
 情報提供の方法の詳細は、日本経済学会サイト「会員専用ページ」の「お知らせリスト」の「COVID-19に関する文献の情報提供のお願い」をご覧ください。文献収集の目安については、「新型コロナウイルス感染症に関する研究」サイトの「ABOUT」で説明しています。

(関係する過去記事)
「日本経済学会『新型コロナウイルス感染症に関する研究』サイトを開設しました」

「『新型コロナウイルス感染症に関する研究』サイトを更新しました」

「新型コロナウイルス感染症に関する研究」サイトを更新しました

 日本経済学会新型コロナウイルス感染症ワーキンググループは30日、「新型コロナウイルス感染症に関する研究」サイトの文献リストを更新しました。10月13日の当初公開版は62本の文献を収録しましたが、今回は15本の文献を追加しました(WGで11月26日までに収集したものです)。会員の新たな研究成果が発表され、査読雑誌への掲載も決まってきました。

 同時に、文献リストのデータをサイトで公開しています。新型コロナウイルス感染症関係では、患者の発生届が医療機関からFAXで保健所に送られて手入力で集計されている事情は以前に話題になりましたが、保健所設置自治体と都道府県が集計したデータは、簡単には全国集計できないように、思い思いの形式で公表されています。簡単に集計できないとは、書式がばらばらなことに加えて、「機械で読めない」ということであって、図形データで書き込まれていたり、表の構造が複雑すぎたり、書式がよく変わる、という問題です。
 機械で読むことを念頭にWebに置かれたデータは、LOD(Linked Open Data)と呼ばれますが、LODを理解している関係者が多ければ、データの集計がもっと容易になり、実態がもっとよく把握できたでしょう。
 データ分析も専門領域とする学会としては、新型コロナウイルス感染症に関わる際に、LOD無視の潮流からは距離を置くためにデータを公開しました。サイト作成の舞台裏を少しお話しすると、まず文献収集班のメンバーが集めた情報を、共有のGoogleスプレッドシートに入力し、公開のタイミングで誤記入や体裁の不統一を直します。ここからWG内部で利用する項目を除いたものが、公開したデータです。なお、シートでは、このデータをソートして、HTMLのタグをつけるところまで作業して、サイト運営班に渡します。
 サイト開設の際にデータ公開の構想はあったのですが、項目の一部が流動的だったので、公開は見送りました。その後の見直し作業で項目がほぼ固定されたので、今回版で公開できました。項目は、著作物のメタデータ語彙であるDCMI、PRISM等に沿っていますが、WGでの使いやすさを優先させて変更した部分があるので、公式にはこれらの語彙とは関係ないことにしています。
 さて、「公開したのでご利用ください」と通常は言いたくなるのですが、このデータに関しては公開することに意義があるという理由で公開するので、どういう利用方法があるのかは、正直なところ私の頭では見当がつきません。TSV形式での公開は三つ星LODですが、それ以上の星を目指さないのも手間をかけるに値する利用価値が思いつかないからです。何か役に立つ使い方があったらいいのですが。

(参考)
5つ星オープンデータ

Semantic Web - W3C

(関係する過去記事)
「日本経済学会『新型コロナウイルス感染症に関する研究』サイトを開設しました」

Discuss Japan「What to Do with the Public Finances: Revising the Budget Compilation to an Ad Hoc Approach」

 19日に、Discuss Japanサイトに拙稿「What to Do with the Public Finances: Revising the Budget Compilation to an Ad Hoc Approach」が掲載されました(COVID-19特集と合わせて2か所に掲載されています)。8月13日に『日本経済新聞』経済教室欄に掲載された拙稿「予算編成見直し 臨機応変に」の英訳版です。
 Discuss Japanは、外務省が日本の政策論調を海外向けに発信するウェブ誌です。

(関係する過去記事)
「日本経済新聞・経済教室『予算編成見直し 臨機応変に』」
http://iwmtyss.blog.jp/archives/1077868778.html

日本経済学会「新型コロナウイルス感染症に関する研究」サイトを開設しました

[2020年11月30日追記:題名が「新型コロナウイルスに関する研究」になっていましたが、正しいサイト名に訂正しました。]
 日本経済学会は13日、「新型コロナウイルス感染症に関する研究」サイトを開設しました。サイトを作成した新型コロナウイルス感染症ワーキンググループ(以下、WG)は、新型コロナウイルス感染症に関する経済学的研究について日本経済学会員の研究成果を紹介し、経済学の知見を新型コロナウイルス感染症対策に活かすための活動をすることを目的としています。サイトでは、これまで公開されている一般向け記事と専門的な研究論文のリストを公開しています(文献収集の目安についてはサイトをご覧ください)。WG委員長として、このサイトの立ち上げに関わっていましたので、サイトの位置づけについて簡単に説明します。
 現在、日本では主として医学系の学会が新型コロナウイルス感染症の関連情報をウェブ上で紹介しています。国立国会図書館リサーチ・ナビに、これらのサイトへのリンクの一覧があります。医学系の学会では研究以外の情報も多数掲載してありますが、研究の情報にしぼった経済学版が、このサイトになります。
 経済学分野で関係する内外の取組を見てみると、英語の研究論文では、欧州のCentre for Economic Policy Research(CEPR)がCovid Economicsという電子ジャーナルを発行しています。通常の査読雑誌と違うのは、投稿されたディスカッション・ペーパー(プレプリント。以下、DP)を48時間で掲載の可否のみ判断して、掲載している論文自体は未公刊の扱い(後で他の雑誌に投稿してよい)という扱いをとっています。この過程によって、ある程度のスクリーニングをしたDPのポータルの役割を果たしています。
 米国のNational Bureau of Economic Research(NBER)が発行するWorking Paper Seriesは学界への影響力が大きく、新型コロナウイルス感染症に関係するDPもすでに多数刊行しており、そのリストを提供しています。
 一般向けの記事では、CEPRのVoxEUに、関係する論考が多く集まっています。
 もちろん、その他の場所でも数多くの文献が公開されています。
 学会の活動としては、欧州のEuropean Economic Associationは、新型コロナウイルス感染症の研究計画を登録するシステムを運用しており、世界でどのような研究が計画されているかを一覧できます。日本では、東京経済研究センター(TCER)がこれに対応する取組をしていますが、一般には公開されていません。
 CEPR、NBER、TCERは、それ自体が研究をする研究機関ですが、学会は会員が研究成果を発表する場であり、主体的に研究をする機関ではありません。そのため、研究機関と学会は、おのずと役割が違います。
 内外の学会と研究機関の活動状況を見て、WGは、クリエーターではなく、文献情報を収集して提供するキュレーターと、研究を活性化させるファシリテーターとしての活動を目指すことにしました。
 当初公開版に掲載した文献は、WGの文献収集班(岩本康志、大竹文雄、川田恵介、久保田荘、宮川大介)が10月5日までに収集したものです。今後も新しい研究が発表されると思われますので、文献リストは機会を見て拡充する予定です。

医療経済学会・特別セッション「保健医療費統計の課題」

 9月5日に開催された医療経済学会第15回研究大会の特別セッション「保健医療費統計の課題」に登壇しました。司会が池上直己先生(聖路加国際大学客員教授)、シンポジストが私の他に小峰隆夫先生(大正大学教授)、満武巨裕先生(医療経済研究機構研究副部長)でした。
 医療費の統計でよく知られているのは「国民医療費」ですが、これは保険診療の対象となる医療費を推計したもので、(1)予防が重視されるなか予防医療・保健の費用を含まない、(2)日本独自の統計のため国際比較できない、という課題があります。私の報告では、保健医療費統計の国際基準であるSHA(A System of Health Accounts)と日本の国内統計の関係を、経済統計の最近の改革の動向と関係づけて説明しました。
 私の報告スライド(PDF file)をサイトに掲載しています。

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

岩本康志の著作等
  • ライブドアブログ