日本経済学会の日本語機関誌『現代経済学の潮流』のはしがき冒頭には,定型文が使われています。2014年版では,出版社からの提案によって,定型文を若干,変更しました。

 第1は,学会を紹介した冒頭部分です。長文で読みにくいので,文章を分けて記述するようにしました。

(2005~2013年版)
「日本経済学会(1997年に理論・計量経済学会から名称変更)は,1968年4月に理論経済学会(1934年に日本経済学会として発足,1949年に名称変更)と日本計量経済学会(1950年に発足)を統合し新会則のもとで発足し,現在では日本を代表する経済学の総合学会になっている
(2014年版)
「日本経済学会は,日本を代表する経済学の総合学会である。前身になったのは,理論経済学会(1934年に日本経済学会として発足,1949年に名称変更)と日本計量経済学会(1950年発足)という2つの学会である両学会は1968年に統合され,新会則のもとで理論・計量経済学会が発足した。1997年に日本経済学会と改称され,現在に至っている。」

 なぜ古い文章が2005年から始まることを知っているのかといえば,私が編者のときに当該箇所を変えたからです。それ以前は,以下のようになっていました。

「理論・計量経済学会は,1934年に創立された日本経済学会(1949年に理論経済学会と名称を変える)と,1950年に創立された日本計量経済学会を統合して,1968年の4月に新会則をもって発足したものである。それまで一部の日本の経済学者によって発行されていた学術雑誌『理論経済学』は,1959年に理論経済学会と日本計量経済学会の学会誌とすることが決定され,『季刊 理論経済学』と名称を改め1994年度まで発行されてきた。(中略)理論経済学会は,1997年度から日本経済学会と名称を改め,名実ともに日本を代表する経済学の学会となった。」

 中略以前の文章は『現代経済学の潮流』創刊時からの定型文です。日本経済学会に改称後もしばらくは,「理論・計量経済学会は・・・」ではしがきが始まっていたことになります。「日本経済学会は・・・」で始まるべきだろうと,私が編集権を握ったときに書き換えました。
 当学会は沿革を1934年の日本経済学会発足から始めていますが,「日本経済学会→理論経済学会→理論・計量経済学会→日本経済学会」のように書いてしまうと,日本計量経済学会が傍流として扱われてしまいます。1968年の理論・計量経済学会の発足を対等合併とするように書くには,文章が複雑になることが避けられません。

 第2は,機関誌の位置づけです。

(2005~2013年版)
「1959年に理論経済学会と日本計量経済学会は,それまで一部の日本の経済学者によって発行されていた学術雑誌『理論経済学』を学会誌とし,『季刊 理論経済学』と名称を改めて,東洋経済新報社から発行を続けてきた。」
(2014年版)
「1950年以来,理論経済学会によって発行されていた学術雑誌『季刊理論経済学』は,1960年より理論経済学会と日本計量経済学会の合同学会誌とされ,査読制度が導入された。1968年の両学会統合にともない,同誌は,理論・計量経済学会の学会誌となった。」

 2005年の変更は第1の変更に合わせて文章を調整したものでしたが,内容は創刊時のものをそのまま引き継いでいます。2014年の変更は,合同学会誌とする以前の内容を変えています。これは,『日本経済学会75年史』(有斐閣刊,2010年)の記述に合わせたものです。

 定型文が大きく変わった2回の場面にたまたま居合わすことになったので,ささいなことですが記録に残しておきます。