2017年4月に予定されている消費税の10%への増税について,安倍首相は,リーマン・ショックや東日本大震災級の事態にならない限り予定通り引き上げる,という発言を度々している。東日本大震災級の事態の目安を考えるために,少し作業してみた。

 気象庁のサイトには,大きな被害をもたらした地震に関する3種類のリストがある。

(1)「過去の地震津波災害」は,「明治以降1995年までに、我が国で100人以上の死者・行方不明者を出した地震・津波」をリストしている。
(2)「気象庁が命名した気象及び地震火山現象」は,「顕著な災害を起こした自然現象の命名についての考え方」に基づいて命名した地震をリストしている。命名には,以下の3条件があげられている。
 1 地震の規模が大きい場合
  陸域: M7.0 以上(深さ100km以浅)かつ最大震度5弱以上
  海域: M7.5 以上(深さ100km以浅)、かつ、最大震度5弱以上または津波2m 以上
 2 顕著な被害(全壊100棟程度以上など)が起きた場合
 3 群発地震で被害が大きかった場合等
(3)「日本付近で発生した主な被害地震(平成8年以降)」は,「平成8年以降の期間に日本付近で発生した、人的被害を伴った地震」をリストしている。 番号が若いほど被害が大きい地震になる。(2)の気象庁が命名した地震は1960年のチリ地震津波以降となり,それ以前の記録がない。

 気象庁以外での記録としては,建築研究所国際地震工学センターのサイトに,宇津徳治氏の「世界の被害地震の表」をアップデートしたデータベース(宇津カタログ)がある。日本の被害地震については,416年の地震から2013年10月26日の福島沖地震までの1,380件のデータがある。このデータベースでは,地震被害を7段階で表示している。

 D1: 壁や地面に亀裂が生じる程度の微小被害。
 D2: 家屋の破損・道路の損壊などが生じる程度の小被害。
 D3: 複数の死者あるいは複数の全壊家屋が生じる程度,ただしD4には達しない。
 D4: 死者20人以上または全壊家屋1000以上,ただしD5には達しない。
 D5: 死者200人以上または全壊家屋10000以上,ただしD6には達しない。
 D6: 死者2000人以上または全壊家屋10万以上,ただしD7には達しない。
 D7: 死者20000人以上または全壊家屋100万以上。

 消防庁の集計(このブログ記事執筆時点で最新の5月20日現在)では,2016年熊本地震の人的被害は死者69人,重傷364人,軽傷1,312人,家屋の被害が全壊4,620棟,半壊12,290棟,一部損壊57,118棟であることから,D4に相当することになると思われる。
 下の表では,「明治以降、我が国で100人以上の死者・行方不明者を出した地震・津波」(表の左)とそれ以外の「気象庁が命名した地震」(表の右)に,宇津カタログの被害ランクを加えて,整理してみた。それぞれ発生年,地震名,人的被害(左側が気象庁サイトにある死者・行方不明者数の合計,右側が宇津カタログの数値),被害ランクを示した。地震と震災は別概念であるが,理解しやすいように,関東地震は「関東大震災」,兵庫県南部地震は「阪神・淡路大震災」,東北地方太平洋沖地震は「東日本大震災」と,震災名に置き換えている。

大規模被害地震の一覧


 明治以降のD7の地震は明治三陸地震(1896年)と関東大震災(1920年)の2回である。D6の地震は7回あり,東日本大震災が最大である(注1)。
 1960年以降のD4以上の地震は,宮城県北部地震(2003年)をのぞき,上の表に含まれている。D3の地震は,「気象庁が命名した地震」に含まれたり,含まれなかったりする。また,2つのD2地震が表に含まれている(表ではD2の表記を省略している)。松代群発地震は,一連の地震に対して命名されているが,宇津カタログではそれぞれの地震が1件のデータとなっている。
 宇津カタログにより,大きな地震の長期の記録を見てみる。D7(D6-D7を含む)の地震は,全部で4回ある。明治以前は,明応地震(1498年),宝永地震(1707年)の2回であり,どちらも南海トラフ地震である。それ以外のD6(D5-D6を含む)の地震は明治以前に18回,全部で25回である。
 下の表は,各世紀のD5以上の地震の回数をまとめたものである。D6以上の地震が記録された13世紀以降を対象にした。
大規模被害地震の発生件数
古い時代では被害地震の件数が小さくなっている。これは,(1)記録が残っておらずデータベースに収録されていないこと,(2)13世紀頃の日本の人口は600万人程度と推計されており(注2),同じ条件の地震が現在起こったときよりも人的被害は小さいこと,などが理由だろう。
 粗くまとめると,D7が100年に1~2回,D6以上が約20年に1回,D5以上が10年に1回強,のようになるだろうか。

1) 死者19,418人,行方不明者2,592人となっており,合わせるとD7級であるが,ここでは宇津カタログにしたがっておく。
2) Farris (2009)では,1150年の人口が約590万人,Farris (2006)では,1280年の人口が約600万人と推定されている。

参考文献
William Wayne Farris (2006), Japan's Medieval Population, University of Hawai'i Press.
William Wayne Farris (2009), Daily Life and Demographics in Ancient Japan, University of Michigan.