日本経済学会の機関誌であるJapanese Economic Review誌のVol.72 Issue 3[2021年9月5日追記:Issue 4としていたのを訂正しました]は、“The Impacts of COVID-19 on the Japanese Economy”という特集となります。学会の新型コロナウイルス感染症ワーキンググループのメンバーである大竹文雄教授(大阪大学)、宮川大介准教授(一橋大学)、私がゲスト・エディターとして編集を担当しました。エディターによるIntroductionが14日、オンライン公開されました。
 この特集には、以下の6本の論文が収録されます。この記事の投稿時点でオンライン出版されているものは、DOIも示しています[2021年9月5日追記:その後にオンライン出版された文献のDOIを追加しました]。新型コロナウイルス感染症の研究が広く知られるように、学会がすべての論文をオープンアクセスとする措置をとりましたので、無料で読むことができます。

Japan’s voluntary lockdown: Further evidence based on age-specific mobile location data
Tsutomu Watanabe, Tomoyoshi Yabu
https://doi.org/10.1007/s42973-021-00077-9

Effective but fragile? Responses to repeated nudge-based messages for preventing the spread of COVID-19 infection
Shusaku Sasaki, Hirofumi Kurokawa, Fumio Ohtake

Who spent their COVID-19 stimulus payment? Evidence from personal finance software in Japan
Michiru Kaneda,·So Kubota, Satoshi Tanaka
https://doi.org/10.1007/s42973-021-00080-0

Describing the impacts of COVID-19 on the labor market in Japan until June 2020
Taiyo Fukai, Hidehiko Ichimura, Keisuke Kawata
https://doi.org/10.1007/s42973-021-00081-z

Online learning during school closure due to COVID-19
Masato Ikeda, Shintaro Yamaguchi

Measuring business-level expectations and uncertainty: Survey evidence and the COVID-19 pandemic 
Cheng Chen, Tatsuro Senga, Hongyong Zhang
https://doi.org/10.1007/s42973-021-00078-8

関係する過去記事
「新型コロナ危機と財政政策」