遅いご案内になりましたが、4日にオンラインで開催された医療経済学会第16回研究大会(開催校・東京医科歯科大学)のシンポジウムにて、基調講演「新型コロナウイルス感染症と経済学」を行いました。講演スライド(PDF file)を私のサイトに掲載しています。
 現在、行動制限の強化をめぐる議論が起こっていますが、「健康と自由のトレードオフ」が私の講演の大きなテーマになっています。経済学が感染症対策に貢献できる役割の一つに、人々の行動の理解を深めることがありますが、「人々はなぜ(利己的行動ではない)制限の要請に応じるのか」、「人々はなぜ制限の要請に応じなくなったのか(なぜ緊急事態宣言の効果が弱まるのか)」を理解しないと適切な対策は考えられません。
 健康と自由の問題は、昨年に参加した東京大学国際高等研究所東京カレッジ主催連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」での他の回(③価値)で宇野重規教授が「安全・経済・自由のトリレンマ」という問題提起をされたことを聞いたときから、どのように経済学で考えるべきかを模索していました。
 経済学で自由を議論するのは、健康と経済のトレードオフを明らかにすることよりもはるかに困難な課題ですが、現状の必要性に鑑み、経済計算論争、コースの定理、社会的選好での分析ツールを基に経済学でできる限りの議論を試みました(不完備契約理論も役立ちますが、講演の時間の都合上、省略しました)。
 後日、スライドを文章化したものを発表したいと考えています。

関係する過去記事
「連続シンポジウム「コロナ危機を越えて」④経済」